長崎の留学生のスキルや興味を
100%引き出す
新たな産学連携のカタチ

長崎留学生研究会の活動

 

■長崎留学生研究会(NISR:Nagasaki International Student Research)とは、

1.留学生のスキルや興味を100%活かせる「場」の構築
2.留学生の日本満足度を100%に近付ける

この2点を実現するために、2016年8月に発足した任意団体です。

(平成28年11月12日 長崎新聞掲載 )


・長崎留学生研究会とは、産学連携の任意団体で、

①長崎大学教授松島大輔  ②株式会社わかたむ(運営事務局)
③長崎留学生支援センター(後援) ④十八銀行(後援) ⑤長崎大学(後援)

により構成されています。


① 松島大輔(長崎大学 教授)

東京大学卒/ハーバード大学卒。インド、タイに合計約10年駐在し、タイ政府顧問などを歴任。現在、長崎大学にて、真のグローバル人材育成を実践するとともに、タイ王国お互いフォーラム共同代表として、新興アジアと日本の16の地方を結び、40以上の具体的な新規事業立ち上げを支援している。

② 若杉和哉(株式会社わかたむ 代表取締役社長兼CEO)

1995年上智大学卒。金融機関、インターネット業界を経て2011年に現法人を設立。 過去のクライアントでの海外活動実績を元に、輸出希望企業の海外展開への障壁を下げるプラットフォーム構築を展開中。 平成28年度、29年度長崎県庁「かんころプロジェクト」にも参画中 ※運営事務局

③ 長崎留学生支援センター(後援)

長崎留学生支援センターは長崎県下の産官学27団体が留学生の支援を行うために平成25年2月に設置をした機関。 留学生の生活支援、就職支援及び広報、交流を行うことを目的とし、長崎での留学生生活が実りの多いものになるようにサポート。

④ 十八銀行(後援)

創立明治10年、日本で十八番目にできた銀行。 「地域とともに」「お客さまのために」「心をこめて」を企業理念として掲げ地域経済の活性化に貢献しています。

⑤ 長崎大学(国立大学)(後援)

主な業務

 

 

価格条件(1商品ごと、1ヵ国ごと)


・基本サービスの価格条件です。実際の国ごとに発生します。個別対応は別途お見積もりとなります。

ご利用料金
(税抜)

基本メニュー ・留学生へのインタビューの実施

 √基本アンケート制作(現地語もしくは英語)

 √留学生リクルーティング及び管理

 √インタビュー実施及び分析結果フィードバック
  ・基本サンプル数:5ヶ
  ・定量評価、定性評価


 √アンケート結果の翻訳(現地語→日本語)
 √アンケート集計、納品
1回実施あたり
12万円
(1商品あたり)+サンプル等実費
オプションメニュー
・クライアント企業さま独自フォーマットによるアンケート
・対象国在住の日本人留学生へのインタビュー実施、及び留学生に対する結果との比較分析
・ネーミング:現地受けするようなネーミング候補の検討
・個別レポート(集計結果をもとにしたミーティングの実施)
(個別見積もり)
+
オプションメニュー
・多言語販促物(翻訳及び意訳)
・動画制作
・海外進出支援コンサル(月次契約)
(個別見積もり)

 

 

 

 

 

商品情報翻訳NINJA 価格条件 NINJA


・基本サービスの価格条件です。実際の国ごとに発生します。個別対応は別途お見積もりとなります。

ご利用料金
(税抜)

基本メニュー 多言語パンフレット実施費用:10万
(ヒアリング・翻訳リスト作成、QRコード作成含む)

翻訳費用(各言語ごとの翻訳ミニマムチャージ2万円)

 日→英:10円/1文字(2万円~)
 日→韓:10円/1文字(2万円~)
 日→中:10円/1文字(2万円~)
※日本文字2000文字の翻訳費用及び翻訳ディレクション含む。
※版対、印刷代に関して別途費用(印刷会社紹介可能、印刷会社対応は別途費用となります。)

その多言語別途お見積もり
12万円〜
(1言語実施の場合)
A社事例
文字数4000文字
A4両面 2か国語:中国語(簡体)、韓国語

25万円

 

 

 

<お問い合わせ、資料請求>
長崎留学生研究会(運営会社株式会社わかたむ)若杉
■E-mail waka@wakatam.com
■Facebook wakatam